UberEats配達

ウーバーイーツ用にTB1e(電動自転車)を購入してみた!!

ブリヂストンサイクルの電動クロスバイク『TB1e』(ティービーワンイー)(2020年2月上旬発売)をUber Eats用に購入してみました。

これまではドコモバイクシェアサービス(通称赤チャリ)を使用していましたが、以下のデメリットがある為、配達専用に自転車を購入してみました。

  • 毎月使用料金として、4,000円かかる。
  • バッテリーが無いと重すぎて走れない為、毎回バッテリーが残っている自転車を探すのが大変。特に都内の場合、競争率が高い。
  • 1日10時間以上稼働する場合、バッテリーが途中で無くなるので、
    3~4台程度を乗り継ぐ必要が有る。

購入したのは、 1回の充電で走る最大航続距離が130km『TB1e』(ティービーワンイー)です。(パワーモード:54km、オートモード:90km、エコモード130km)。また走りながら充電機能がついている為、ブレーキを掛けるたびに、勝手に充電されます。

20万円以下の電動アシスト自転車で100㎞を超える物はほぼ有りません129,800円(税別・メーカー希望小売価格)という価格帯ではズバ抜けたスペックです。

価格.comの売れ筋ランキング(2020/4/29)でも1位になっています。

私は、送料別の121,980円で購入しました。納期はコロナウイルスの影響で1ヶ月以上かかりました。

乗って見た感想

  • バッテリーについて
    一番アシスト力が強いパワーモードで10時間以上配達しても、残り30%~40%ぐらいは、残ります。なお、充電時間は、フル充電まで4時間で済みます。
  • アシスト力について
    ドコモレンタルの自転車と違い、デュアルドライブ(後輪アシスト)の為、漕ぎ始めは若干重く感じるかもしれませんが、慣れの問題だと思います。
  • スピードについて
    27インチで外装7段の変速機の為、ドコモレンタルや普通のママチャリよりは、全然速く移動できます。
    さすがに、ロードバイクには負けますが・・・

新宿から銚子まで130kmを走ってみ記事